澤村信哉氏の億万長者輩出プログラムは稼げる期待大!!

億り人

億り人という言葉を目にする機会も増えました。
この言葉自体はビジネスなどで資産が1億円を突破した人をさす言葉です。

投資業界や仮想通貨業界でもこの言葉がよく登場します。仮想通貨は2008年ごろ今から約10年前から一部の専門家や投資家の間で注目されていました。
デジタル通貨の1種としてブロックチェーンを使った暗号通貨になります。
当時サラリーマンだった私は仮想通貨という名前を知っている位で興味を持つどころかそんな胡散臭いものに投資する価値は無いとすら考えていました。

まさか価値があんなにも上がるなんて当時は思いもしませんでした。私が投資や仮想通貨に興味を持ったきっかけは澤村信哉氏の影響が大きいです。
現在は億万長者輩出プログラムという形で投資の基本的な事から上級者向けの情報まで幅広く教えられるマニュアルを作っているようです。

私の場合はかなり遠回りして投資に関する知識を深めたので億万長者輩出プログラムのように分かりやす形で学ぶことができる皆さんは非常にラッキーだと思います。
羨ましいです笑

今回は澤村信哉氏の億万長者輩出プログラムに関して紹介していきます。
澤村信哉氏に関してや完全マニュアルが本当に優秀なのかについても詳しく紹介していきます。

澤村信哉ってだれ?億万長者輩出プログラムってなに?

澤村信哉氏ってだれ

澤村信哉がそもそもどんな人物かわからない!
という人も多いのではないでしょうか?

大学を卒業したのち、広告代理店や読売新聞の広告局を経て2010年の30歳の時にシンガポール派遣にて投資事業であるファンド形成の可能性に触れ参入を決意します。
2010年には個人事業として独立を果たし、4年後の2014年には仮想通貨ビットコイン/rippleの販売代理店を設立します。私が澤村氏の存在を知ったのはこの時位だったと思います。

2014年になると私たちのような一般人にも投資案件の一つとして仮想通貨の勢いが凄いという情報が流れてきました。情報を集めていた時に澤村信哉氏の存在を知りました。
当時はまだ表に出てくる事は無かったので知っている人の方が少なかったですが、人づてに澤村信哉氏の情報は伝わってきました。

「やり手のイケメンビジネスマンがいる!」「投資関連で特に仮想通貨に関しては澤村氏に教えてもらうのがイイ!」と話だけは聞いていましたが、実際にお会いしたことはありませんでした。
しかし、この頃から澤村氏の噂だけは聞いていたので名前を聞いた時「あの澤村信哉?!」となりました。

そして、2018年にはIT企業の株式会社AnswersJapanの執行役員としてコンサルタント業務に参画しています。

コンサルタントとしてシステムの構築からアナリティクス、戦略まで幅広いコンサルタント業務を経験しました。

金融やマクロ経済、エネルギー、企業分析等、自らアナリティクスを活用する実績を活かし、一般向けのテクノロジー×ビジネス講座によるAI/IoT/ブロックチェーンを活用したビジネス検討ノウハウの提供や共創型資産コンサルティングを提供しています。

ざっくりですがコレが澤村信哉氏についての紹介になります。表に出てくる事がほとんどなかったので情報を探し出すのにだいぶ苦労しました。
この限られた情報の中でも注目するポイントがあります。まず、2014年の仮想通貨ビットコイン/rippleの販売代理店を設立したという点です。

当然の事ではありますが、教えてもらう人はより実践的なほうがイイです。自らが体験した情報やノウハウを提供してもらう事が出来るからです。
投資や仮想通貨の講師を名乗る人間の中には経験や知識もない人間が教壇に立っているケースもあるので注意が必要です。澤村信哉氏の場合企業のコンサルタント業務を行っている事からもわかるように信用性は高いです。

個人的に名前も聞いたことのある人物なのでお勧め度も高いです。実力があるのか見極める事が大切です。

澤村信哉氏が語る!投資先として仮想通貨がまた盛り上がっている

仮想通貨がまた盛り上がっている

仮想通貨は2017年にテレビやニュースでも取り上げられるほど爆発的に知名度が上昇しました。ビットコインやリップル、イーサリアムなどが有名になりました。
外を歩いていても仮想通貨の話をしている人があちらこちらにいました。当時お昼を食べにラーメン屋さんに言った時でさえ隣に座っていたかなり若いお兄さんが「今の時代やっぱ仮想通貨だよね!」と会話をしていました。

年齢や性別関係無く誰もが興味を持っていました。しかし、2018年に入ってNEMネム不正流出によって一気に評判が悪くなったのは記憶に新しいと思います。
テレビに出ているような有名人でさえも被害者がいたとニュースでは報道していました。

期待値と信頼性は崩れたように見えますが、価値を下げたのではなく管理体制やセキュリティ面の甘さが原因で仮想通貨自体が悪いわけではありません。
なので低迷していくのではなく、むしろこれからさらに浸透していくと期待されている要因があります。

それがキャッシュレス化の流れです。
キャッシュレスは何となくわかると思いますが、広く現金以外の方法での支払いを意味します。

世界的に見てもキャッシュレス化の波が来ていて日本にも近い将来くると言われています。

キャッシュフリー

ヨーロッパの北部にある王国スウェーデンではキャッシュレスの店が待ちのあちこちにあります。日本ではまだ考えにくいですが、現金が一切使えないお店もある位です。
キャッシュレスはメリットもあります。

お店は現金を置かないことで強盗や盗難を防げますし、人的なミスもほとんどなくなります。
使う側にしても決済がすぐ出来る上に銀行にお金を下ろしに行ったり、現金でパンパンな財布を持たなくてはいけないなど、現金独特のわずらわしさから解放されます。

世界的に見てもキャッシュを持ち歩く不便さからキャッシュレス化が進んでいます。
日本はまだ、現金の方が便利ですし現金信者がたくさんいる事から世界的に見ても遅れています。海外では通貨の種類がたくさんありますし、コインも枚数が必要でわずらわしいです。

しかも、海外では自販機や公衆電話の性能が悪い事もあって現金=わずらわしい、めんどくさいという認識が強いです。
キャッシュレス化が広まり現金を持たなくてもよくなる時代が来る時に仮想通貨は役に立ちます。

この記事の冒頭出も言いましたが、仮想通貨はデジタル通貨の1種で送金が簡単で手数料も抑えられるうえにキャッシュの代わりとして利用する事も可能です。
実際に日本でも家電が仮想通貨で買えるところもあります。コレが仮想通貨の大きな期待値の一つです。

澤村信哉氏の億万長者輩出プログラムで投資について学ぶべき理由

投資について学ぶべき理由

澤村氏が言うには「投資に関する知識が少ない人がまだまだ沢山いる。今からでも勉強をしなければビジネス的なチャンスを逃す羽目にもなるし損をする事になるだろう。」と警鐘を鳴らしています。
日本人は金持ちや一部の人間しか投資について知識が無い。それどころか知ろうとすらしていない状況に危機感を感じているそうです。

私もそう思います。投資分野の中で特に有名な仮想通貨の期待値が高い今でさえどんなものか知らない、仕組みもわからない人が多すぎます。最近は仮想通貨やICOをネタにした詐欺まがいの教材を販売している業者も増えてきています。
正しい知識を身につけるためにはちゃんとした講師や業界人に教えてもらうべきです。澤村信哉氏の億万長者輩出プログラムは澤村信哉氏が作り出した投資に関するマニュアルです。より実践的で理にかなったマニュアルです。

先ほども少し触れましたが、仮想通貨に対する誤った知識や情報によって被害にあう方が最近増えています。「絶対に稼げるICO案件」「有名人を広告塔に使った仮想通貨」は詐欺の手口としてよくある話です。
全てが詐欺とは限りません。ですがおいしい話がそこらへんに転がっているなんて事は無いです。まず罠だと考えてください。

澤村信哉氏の億万長者輩出プログラムではビジネスベースで学ぶことができますが、かなり基本的な事も学ぶ事が出来ます。詐欺被害にあわないためにも億万長者輩出プログラムで勉強をしておくべきです。

億万長者輩出プログラムの内容はどのようなものなのか?

内容

億万長者輩出プログラムは澤村氏の投資に関する色々なことをまとめたプログラムです。
一言では言いにくいのですが皆さんはじめる前に知りたい情報だと思うので紹介しても怒られなさそうな範囲で紹介していきます。

まず、投資の仕組みや投資をするべき理由、どういったものがイイのかついて触れています。
億万長者輩出プログラムでは注目されている仮想通貨に関して知識が無い初心者でも参加できるように構成されています。これは澤村氏自身が言っています。

どうしても人間ですから同じマニュアルを使っても作業結果に差が出ます。
特に初心者にとって聞き慣れないワードのオンパレードになることは目に見えています。そのため誰でもわかるように内容をかみ砕いて説明したり、わかるまで指導してくれるのではじめての人には優しいですね。

ビジネスは確かに経験者とやる方が効率がよくて結果を出しやすいなんて言われたりもしますが、澤村氏はそうは考えていません。
もう、経験者だけで何かをやるという時代は終わりました。経験者の人数が圧倒的に少ないというケースもありますし、誰でも最初は初心者です。

マニュアルが経験者のためのものではあってはならないというのが澤村氏の見解です。
私もそれには同意します。

投資家しか分からないマニュアルなんて意味が無いんです。マニュアルは最初にはじめるための教科書です。
教科書の内容は全ての人間に分かるようにしなければなりません。

もし、投資で稼いでみたいけど「初心者だから不安・・・・」「私でもわかるかな、難しくなかな・・・」と不安に感じている人は安心してください。
澤村信哉氏と9名の先輩億り人がしっかりとサポートします。

澤村信哉と9人の億り人

澤村信哉と9人の億り人

澤村信哉の億万長者輩出プログラムには優秀な9名の先輩億り人がいます。彼ら彼女らは澤村氏が教えた生徒で億り人を達成したエリート達です。
この9人のスペシャリストは様々なサポートをしてくれます。

全てのサポーターがどんな人物かまで把握できていませんが、それぞれが投資に関する深い知識を持ちビジネス経験を持っているので頼る事が出来ます。
私が非常に驚いたのはサポートの丁寧さです。こちらが少し尖った聞き方をしてしまった時もやんわりと納得するまでサポートしてくれましたし、本当にわからない事はゼロにしてくれました。

サポートが充実しているところはビジネス自体もしっかりしているところが多い事は知っていましたが、今回のサポートの良さはおそらくトップクラスではないかと感じています。
基本的にビジネスは自分がやりたいと思って始めるので途中でリタイアしても教材側には責任はありません。実はネットビジネスをはじめる人の多くが途中でリタイアしてしまいます。

サポートの方にも話を聞きましたが、やはり慣れない作業や本業からくるストレスが原因でリタイアしそうになる人はいるようです。
ただ、出来ない人をゼロにするというのが億万長者輩出プログラムのポイントでもあるので出来なくてやめていく人はいないそうです。

ネット検索してもわかると思います。基本的に億万長者輩出プログラムは初心者の方でもわかるように内容を分かりやすくしているとはいえマニュアルだけではどうしても不備が出る可能性があります。
サポートはかなり手間がかかるため本当ならやらない方が会社としてはラクみたいなのですが、澤村氏が言うには「利益を第一に考えるならやらない方が本当はイイですが、私たちの望む事や求めている事とは違います。」

「お客様が結果を出し満足する事が氏いては私たちの利益にもつながります。」とおっしゃっていました。
サービスの基本は顧客満足度です。それと同時に質や内容も重要です。

だから、お客さんが満足できないならもそれはビジネスとは言えないです。私も経済や経営学を少しかじっていますので分かります。
澤村信哉氏が億万長者輩出プログラムで実践するのは企業で言うところのサーバントリーダーシップにあたります。

これは経営学の中では理想的なリーダーシップとまで言われる形です。

澤村信哉氏は真の意味でのリーダーとして人を導ける

リーダー

億り人を目指すにはそれなりにしっかりした指導者がいなければ実現できないでしょう。金額が大きいですし、ビジネスを真に理解できなければ達成が困難なレベルだからです。
先ほども少し紹介しましたが、サーバントリーダーシップとは「まず初めに相手に奉仕をして、その後相手を的確な方向へ導く」という支援型リーダーシップの事を言います。

このリーダー論はアメリカ出身の博士であるロバート・グリーンリーフ氏が提唱したリーダーシップになります。
周りのモチベーションを高めたり、ヒアリングを行いチーム一団となって成功するために自らも行動するリーダーです。

有名企業であればスターバックス・インターナショナルの元社長であるハワード・ビーハー氏もサーバンとリーダーシップを推奨している一人です。
日本だとダイエーや無印良品を運営する良品計画元社長の松井忠三氏がこのリーダー論を取り入れています。

ここでサーバントリーダーシップについて話をすると長くなるのでこの話はまた別の機会にします。
何が言いたいかというと、澤村信哉氏はまさにサーバントリーダーシップ的なスタイルでビジネスを考えているという事です。

彼の打ち出した返金保証だけでは無くマンツーマンサポートやセミナーなどは支援型のビジネスです。
出来ない人をゼロにする、徹底的にサポートする体制はまさにハワードや日本の大手でも取り入れられているサーバントリーダーシップに基づいていると感じました。

私が澤村信哉氏を尊敬しているポイントでもあります。
単なるビジネスエリートでは無く、実力、思考、指導者としての素質もしっかりと持っています。

もし、投資に興味を持っているけど不安だらけという方は澤村信哉氏を頼るのが良いでしょう。新たな可能性を導いてくれる優秀な指導者だと私自身も確信しています。

澤村信哉氏が語る!投資先として仮想通貨はだまだ伸びる!!

まだまだ

澤村信哉氏が言うには「これからの投資先として仮想通貨はまだまだ伸びて行く兆しが十分にあるし、将来的にはドルや円のようにニュースやネットのオープンなエリアで価格が表記される時代も近いでしょう。」と語っています。
確かに仮想通貨が認知されるようになってまだ数年しかたっていません。今後キャッシュレス化の波が日本にも到来すると一気に浸透してくるでしょう。

中国ではすでに現金ではなく電子通貨でのやり取りも盛んで孫に上げるお年玉が電子マネーなんて事もあるそうです。
今の話はあくまで噂の範囲で本当かどうかわかりませんが、近い将来そうなる可能性はかなり高いです。

現金による資金運用があと何年続くかはわかりませんが、澤村氏も警鐘を鳴らしている投資の知識は今のうちからでもつけておくべきです。
昔と比べて投資業界もかなり変化しました。わかりやすい書籍やセミナーもありますが、私は澤村信哉の億万長者輩出プログラムがお勧めです。

投資で稼ぐか損をしてしまうかはあなたの行動次第です。